■ホーム > SEEE工法とは > 基本技術 FUTシステム
F型ケーブル
F型ケーブル
FUTシステム
斜材用ケーブル定着具
UFタイプ
タイブル
補強用外ケーブル
  事例集(外ケーブル方式橋梁補強工法)
FUT-Hシステム

 SEEE/FUTシステムは、アンカーヘッド、ウェッジおよびトランペットアンカーで構成されており、7本よりPC鋼より線を複数本束ねて使用し、アンカーヘッドの円錐孔に3分割された鋼製ウェッジで定着されます。ケーブルは専用の緊張ジャッキでアンカーヘッドに圧入されるので、セット量を小さくすることができます。
 SEEE/FUTシステムのトランペットアンカーは、突起を有した円錐形になっており、突起部分で定着荷重を分散するので、アンカープレートが小さく、定着具は極めてコンパクトな配置が可能となります。
 SEEE/FUTシステムの定着具は、一般ケーブル・外ケーブルのいずれにも使用することが可能で、外ケーブル併用工法などに最適なうえ、大幅な軽量化の実現により、現場での施工性を向上させております。
 ケーブルは8〜37本まで、任意の本数のPC鋼より線により構成されています。
 SEEE/FUTシステムに用いるPC鋼より線は、JIS G 3536-1994「PC鋼線及びPC鋼より線」に規定されている、7本より12.7o(SWPR7BL)、7本より15.2o(SWPR7BL)の2種類を基本としています。

【特長】
1)定着具を大幅に軽量化し、現場での作業効率を向上させました。
2)広範囲にわたるケーブル構成を可能にし、あらゆるPC構造物に対応できます。
3)外ケーブルは、簡単に交換可能な構造としました。
4)定着具のグラウト孔を大きくし、グラウト注入が確実に、かつ容易に行えます。
 
■定着具構成
● 内ケーブルタイプ
 
● 外ケーブル・グラウトタイプ

 将来的なケーブルの取替えを考慮する場合、トランペットアンカー内に外ケーブル用縁切りシートを設置します。

 
● 外ケーブル・ノングラウトタイプ
▲TOP

■接続部

● B型接続具


 
● C型接続具
 SEEE/FUT C型接続具は、分割施工において、従来全径間完成後にしかできなかったグラウトを、径間毎に行うことを可能とします。
 また、所定の部品を使用しないことで一括グラウトも可能です。

【特長】

1)任意の施工ステップにおいてグラウトが可能となります。

2)接続部の長さが従来の接続具(B型接続具)に比べて約4割コンパクト化されています。
3)ケーブル接続作業が容易に行えます。


▲TOP
● 緊張装置

 SEEE/FUT緊張用マルチジャッキには、緊張ラムの他にウェッジ圧入用の定着ラムが内蔵されており、緊張後ウェッジをアンカーヘッドへ圧入します。
 また、緊張ジャッキに緊張用ウェッジ(プリングウェッジ)が内蔵されており、緊張ラムを出すことで自動的にケーブルを掴み、開放時には自動的にはずれる構造となっています。

 
マルチ型緊張ジャッキ   マルチ型緊張ポンプ 
 

■緊張手順

▲TOP